Pixar in a Box(ピクサーインアボックス)の日本語翻訳を紹介

こんにちは!ストーリーライターのそーじろ(@sojiro_story)です。

  • 「Pixar in a Box」ではどんなことが学べるのかな?
  • 「Pixar in a Box」を学びたいけど、すべて英語の動画で理解できない。
  • 「PIxar in a Box」のわかりやすい日本語翻訳はないのかな?

ピクサーのストーリーテリングを学びたかった私は、こんな悩みを抱えていました。

Googleで検索してもなかなか見つからず、たまに日本語翻訳が公開されているサイトを見つけてもなんだか読みづらい。とはいえ、Google翻訳は直訳なので意味不明。。。

どうしてもピクサーのストーリーテリングを学びたかった私は、「TOEIC950点かつピクサー愛好家の翻訳家さん」にPixar in a Boxの全ての講座を日本語翻訳してもらいました。

日本語翻訳を読みながらPixar in a Boxの動画を見ることで、ピクサーのストーリーテリングの「本質」が理解でき、今では仕事のストーリー作りでとても役立っています。

今回はPixar in a Boxについて解説すると同時に、それぞれの講座の解説記事を紹介します。

解説記事は講座内容をわかりやすくまとめているだけでなく、日本語翻訳の全文も載せているので、Pixar in a Boxの動画と照らし合わせていただければ幸いです。

それではどうぞ!

※「Pixar in a Box」全41回のストーリーテリング講座の一覧はこちらです。(日本語翻訳有り)

関連記事

こんにちは!ストーリーライターのそーじろ(@sojiro_story)です。ピクサーは世界が認めるストーリーテリングの伝道師。ピクサーの全21作品(1995年〜2019年)は、アニメ映画賞の最高峰と言われるアカデミー賞「長編[…]

オレンジ色の背景にストーリーテリングと描かれたカチンコ

Pixar in a Boxとは?

Pixar in a Boxとはピクサーのアニメーション作りが学べる無料のオンライン講座です。

アメリカの教育系非営利団体「Khan Academy(カーンアカデミー)」が提供しており、“誰でも、どこでも、世界クラスの教育を提供すること”を使命にしています。

カーンアカデミーの理念に共感したピクサーが、世界の子どもたちのために講座を制作しているため、内容がとてもわかりやすいのが特徴です。

Pixar in a Boxの講師はすべて、ピクサー作品の監督やストーリーアーティストが務めており、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターや、『カールじいさんの空飛ぶ家』の脚本家ロニー・デ・カルメンも参加しています。

『トイ・ストーリー』、『ファインディング・ニモ』、『インサイド・ヘッド』などを題材にしており、ピクサー作品を楽しみながらストーリーテリングを学ぶことができます。

Khan Academy(カーンアカデミー)の講座

カーンアカデミーの講座は、Pixar in a Box以外にも

  • 数学
  • 科学・工学
  • 経済学・金融
  • 芸術・人文学
  • コンピューター

など様々な講座があり、全ての講座がYoutubeで視聴できます。

Khan Academy(カーンアカデミー)のコース一覧

ただし、カーンアカデミーの講座はすべて英語のため、日本人が学ぶためには英語のスキルが必要です。

ジャンルが豊富なオンライン講座をお探しでしたら、ベネッセが運営しているUdemyは料金が安くておすすめです。

Pixar in a Boxのストーリーテリング講座(日本語翻訳)

Pixar in a Boxのストーリーテリング講座は、「The art of storytelling/ストーリーテリングの芸術」というタイトルです。全部で41回の講義で「ストーリーテリングの基本」、「キャラクター作り方」、「ストーリーの構成」などがレッスン形式で学べます。リンク先はこちら。

講座は第1章〜第6章で分かれていますが、「ストーリーテリングの基礎」を学びたい方は、ぶっちゃけ第1章〜第3章で充分です。

なぜなら、第4章〜第6章は「デザインの基礎」、「映像テクニック」、「ピッチ」など、具体的な映像作品を作る内容となっているからです。

それでは、第1章〜第6章の講座内容について簡単に説明します。

第1章 ストーリーテリングの基本

Pixar in a Boxの第1章は「We are all storytellers/私たちはみんなストーリーテラー」です。

第1章では、ストーリーテリングの基礎的な考えを始め、「優れたストーリーテリング」を作るのに大切な「あなたの記憶」、「世界観の設定」、「キャラクターの役割」についてお話ししています。Pixar in a Boxの全体のレッスンでは「あなたの好きな作品」が必要になるため、第1章から始めることをオススメします。

Pixar in a Boxの第1章の解説記事と日本語翻訳はこちらから案内しています。

関連記事

こんにちは、ストーリーライターのそーじろ(@sojiro_story)です。ピクサーのストーリーテリングが学べるPixar in a Box。Khan Academy(カーンアカデミー)が世界の人に世界レベルの教育を無償で提供す[…]

机の上のノートに書かれたストーリーテリングの文字

第2章 キャラクター作り

Pixar in a Boxの第2章は「Character/キャラクター」です。

第2章では、物語における「キャラクターの役割」を始め、「キャラクターの外見や内面」、「欲求や障害」、「成長とリスク」についてお話ししています。

レッスンを通して、愛されるキャラクター作りの原則が学ぶことができます。

Pixar in a Boxの第2章の解説記事と日本語翻訳はこちらから案内しています。

関連記事

こんにちは、ストーリーライターのそーじろ(@sojiro_story)です。ピクサーのストーリーテリングが学べるPixar in a Box。Khan Academy(カーンアカデミー)が世界の人に世界レベルの教育を無償で提供す[…]

カウボーイ人形のキャラクターの様々な感情

第3章 ストーリーの構成

Pixar in a Boxの第3章は「Story structure/ストーリーの構成」です。

第3章では、観客を飽きさせない「王道のストーリー構成」を始め、「物語のテーマ設定」、「3幕構成の考え方」についてお話ししています。

レッスンを通して、物語の世界へ引き込むストーリー構成の作り方を学ぶことができます。

Pixar in a Boxの第3章の解説記事と日本語翻訳はこちらから案内しています。

関連記事

こんにちは、ストーリーライターのそーじろ(@sojiro_story)です。ピクサーのストーリーテリングが学べるPixar in a Box。Khan Academy(カーンアカデミー)が世界の人に世界レベルの教育を無償で提供す[…]

木目の背景に描かれたアートと本

第4章 デザイン

Pixar in a Boxの第3章は「Visual language/ビジュアルの言語」です。

第4章では、ストーリーを視覚的に惹きつける「デザインの考え方」を始め、「線」、「形」、「空間」、「動き」、「トーン」、「色」の役割についてお話しします。

デザインの基礎を学ぶことで、人間が持つ「視覚の役割」がわかるため、ストーリーの意味をより正確に伝えることができます。

Pixar in a Boxの第4章の解説記事と日本語翻訳はこちらから案内しています。

関連記事

こんにちは、ストーリーライターのそーじろ(@sojiro_story)です。ピクサーのストーリーテリングが学べるPixar in a Box。Khan Academy(カーンアカデミー)が世界の人に世界レベルの教育を無償で提供す[…]

女性の目のクローズアップ

第5章 映像テクニック

Pixar in a Boxの第5章は「Film grammar/映像技法」です。

第5章では、映像作品で基本となる「フレームの考え方」を始め、「ショットの種類と役割」、「撮影のテクニック」についてお話しします。文章を書くには、「文法」を学ぶように、映画を作るためには「映画技法」が必要です。

映画技法を学ぶことで、大切なシーンの印象をより強めることができます。

Pixar in a Boxの第5章の解説記事と日本語翻訳はこちらから案内しています。

関連記事

こんにちは、ストーリーライターのそーじろ(@sojiro_story)です。ピクサーのストーリーテリングが学べるPixar in a Box。Khan Academy(カーンアカデミー)が世界の人に世界レベルの教育を無償で提供す[…]

第6章 ピッチ

Pixar in a Boxの第6章は「Pitching and Feedback/ピッチと感想」です。

第6章で紹介する「ピッチ」とは、絵コンテを使って相手にストーリーを伝える方法で、いわゆるストーリーのプレゼンみたいなものです。「ピッチの取り組み方」、「感想の受け取り方」、「映像への編集」についてお話しします。

レッスンを通してピッチを繰り返すことで、どんどん「人に伝わるストーリー」へと進化します。

Pixar in a Boxの第6章の解説記事と日本語翻訳はこちらから案内しています。

関連記事

こんにちは、ストーリーライターのそーじろ(@sojiro_story)です。ピクサーのストーリーテリングが学べるPixar in a Box。Khan Academy(カーンアカデミー)が世界の人に世界レベルの教育を無償で提供す[…]

ピッチのイベントに登壇する女性

Pixar in a Boxの全講座

Pixar in a Boxには「ストーリーテリング」以外の講座もあり、全部で15種類の講座があります。以下が講座の一覧です。

Pixar in a Box(ピクサーインアボックス)のコース一覧

  1. オリエンテーション
  2. ストーリーテリング
  3. 照明
  4. シュミレーション
  5. カラーサイエンス
  6. バーチャルカメラ
  7. エフェクト
  8. パターン
  9. リギング(セットアップ)
  10. アニメーション
  11. 環境モデリング
  12. キャラクターモデリング
  13. クラウズ(群衆)
  14. セットとステージ
  15. レンダリング(生成)

ストーリーテリング以外の講座は、コンピューターを使って3Dアニメーション技術を学ぶ講座です。

すべて英語の講座ですが、もし3Dアニメーションを勉強してみたい方はこちらにリンクを貼っておきます。

Pixar in a Boxのまとめ

Pixar in a Boxはピクサーのアニメーション作りが本格的に学べる、無料のオンライン講座です。

Pixar in a Boxの講座は当サイトでも詳しく解説していますので、共感を生むストーリーテリングの原則を勉強したい方は、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こんにちは!ストーリーライターのそーじろ(@sojiro_story)です。ピクサーは世界が認めるストーリーテリングの伝道師。ピクサーの全21作品(1995年〜2019年)は、アニメ映画賞の最高峰と言われるアカデミー賞「長編[…]

オレンジ色の背景にストーリーテリングと描かれたカチンコ

Pixar in a BoxのTwitterも貼っておきます。

もし、ストーリーテリングに関するお悩みがありましたら、お気軽にご連絡ください☺︎

それでは。